読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【警告】若者130人以上を殺したロシア残酷自殺グループ「Blue Whale」が日本進出間近! 創設者は鬼畜発言「自殺した奴らは生物的ゴミ」


 今年3月、14歳と15歳のロシア人少女が「自殺ゲーム」に参加し、自ら命を絶つという痛ましい事件が報道され、世界中に衝撃が走った。トカナも少女らが参加していた自殺グループ「ブルー・ウェール(Blue Whale)」の詳細を報じたが、この度、昨年11月に逮捕されたグループ創設者がとんでもない鬼畜発言を繰り返していることが明らかになった。

■刑務所の犯人に洗脳少女から大量のラブレターが届く
 残酷自殺ゲームを世界中に広めた男の名は、フィリップ・ブデイキン(21)。「ブルー・ウェール」をはじめとした8つの自殺グループを運営し、多感な少年少女を言葉巧みに自殺に追いやったとされている。その悪魔的な話術は現在も少女たちを虜にしており、英紙「Daily Mail」(5月9日付)によると、驚いたことに、現在も彼を崇拝する10代少女から収監中の彼のもとに大量のラブレターが送られてくるという。
【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2017/05/post_13183.html
 心理学者のVeronika Matyushina氏によると、その理由は「フィリップ・リス(ブデイキンの別名、キツネの意)に恋する少女らは両親から十分な愛情と注意を受けなかった可能性が高く、ブデイキンのようにハンサムな若い青年がインターネット上で自分たちが必要としたサポートや気遣いを与えてくれた」ことではないかという。
 米FBIに相当するロシアの調査委員会は、「ブデイキンは結果を得るためになにをすれば良いかはっきり知っていた」と、ブデイキンの知能の高さを指摘している。
「ブデイキンが自殺ゲームを始めたのは2013年のことです。それ以来、彼はミスを修正しながら戦略を練り上げてきました。まずは、恐怖動画を使ってVK(ロシア大手SNS)のグループにできるだけ多くの子どもたちをおびき寄せ、その中から洗脳しやすい子どもたちを見つけていったのです。たとえば、2万人いたら、カモになるのは20人ぐらいと見当をつけていたのです」(調査委員会上級捜査官アントン・ブレイド氏)

■ブデイキン「生物的ゴミを掃除しただけ」
 一方のブデイキンは逮捕された今も鬼畜発言を繰り返し、反省の態度は一切見られない。
「人間がいる、そして生物的ゴミがいる。社会のあらゆる価値と無縁な、社会に害をなす奴らのことだ。俺はそいつらを掃除して社会を綺麗にしてやっただけだ。(中略)このアイデアは5年間も暖めていた。常人と生物的ゴミをきっちり区別するためにだ」(ブデイキン)
「やつらは喜んで死んでいった。俺はこいつらが実生活で得られなかったもの、たとえば温もり、理解、繋がりなんかを与えてやった」(同)
 ブレイド氏によると、かくいうブデイキン自身も幼い頃から友達は1人もおらず、仕事に忙しい母親も彼をほとんど気にかけなかったという。放課後は自宅で何時間もネットの世界に浸り、学業も全く振るわなかったそうだ。彼がいう「生物的ゴミ」とは、まるでブデイキン自身のことではないだろうか?
 とはいえ、ブデイキンに同情の余地はない。証言によると、手にかけた犠牲者の数は17人とのことだが、彼やその模倣反によって数百人単位の未成年が自殺したのではないかとも見積もられているのだ。

■「ブルー・ウェール」が中国に進出、日本も危ない!
 今年4月には、自殺ゲーム蔓延の事態を重くみたプーチン大統領が、ブデイキンの刑をより厳しくするよう表明。懲役3年の刑よりも重い刑を課する可能性が高まっているとのニュースも報道されたが、ブデイキンが逮捕された現在も「ブルー・ウェール」はロシアのみならず、カザフスタンキルギスタンなどの中央アジアにも進出、ロシアから遠く離れたイギリスの学校でも、警察から生徒の保護者らに注意喚起があったという。
 そして、我が国も決して例外ではないのだ。通信社「AFP」(5月11日)によれば、お隣中国の大手チャットサービス「QQ」でも「ブルー・ウェール」を名乗る自殺グループが増加しており、中国の大手IT・ネットサービス企業「テンセント(Tencent)」社が、同ゲームを犯罪行為と見なし、すでに司法機関に届け出ているというのだ。以前トカナでは「ブルー・ウェール」が日本に上陸するのも時間の問題と警告したが、ついに恐れていた事態が目前に迫ってきたといえるだろう。
 世界を席巻する自殺ゲームブームはしばらく収束しそうにない。すでに何百何千もの自殺グループが世界中に散らばっているため、根本的な排除は困難を極めるだろう。特に日本ではまだ被害が報告されていないこともあり、防止策が一切講じられていない今が一番危険かもしれない。未成年の子を持つ親は子どもたちのSNS履歴を注意深く監視した方が良いだろう。
(編集部)

春日俊彰「収録でガチギレさせた芸人」を告白

 5月6日に放送されたラジオ番組『オードリーのオールナイトニッポン』(ニッポン放送)で、オードリーの春日俊彰(38)が、相撲芸人のあかつ(35)を本気で怒らせてしまったことを明かした。

 二人は4月19日放送の『水曜日のダウンタウン』(TBS系)で共演。この日の番組では、プロレス技の“毒霧”が他の競技でも有効だという説を検証する企画が行われ、春日は口に毒霧を仕込んで相撲やカラオケの達人に挑み、勝負の最中にいきなり毒霧を吹きかけるというドッキリを仕掛けた。

 春日は元大相撲力士の把瑠都凱斗(32)、元柔道選手の小川直也(49)、タレントのLiLiCo(46)らと対決した後、最後の相手としてあかつと相撲で対決。しかし、毒霧はまったく効果を発揮せず、春日はあかつに壁まで吹っ飛ばされてしまう。取組後にあかつは「いやいや……」とひと言だけ残し、VTRはそこで終わっていた。

 この対決について、春日は5月6日の『オールナイトニッポン』で言及。「オンエアにのってなかったのかな?」と前置きした後、「あかつだけが唯一、キレたんだよね」と怒られてしまったことを告白。「小川さんとか、把瑠都さんとかは、“なんだよ、これ”って」と、あかつ以外の二人からは企画内容にあきれるリアクションをもらえたものの、あかつは激怒してしまったようで、春日は「“相撲をなめるな!”って言われたからね……一喝されたよ」と当日の様子を打ち明けた。

 これには、相方の若林正恭(38)も「“相撲をなめるな!”はオンエアされてないわ」「あかつさんの表情が、“マジで怒ってんな”っていうのは、見てても分かったよ」と納得していた。

 一方、あかつは『水曜日のダウンタウン』の放送後に、自身のインスタグラムで今回の一件について触れ、「春日さんにはやられました… 取組前緊張していたのが恥ずかしいです…(笑)」とコメント。同時に、緑色の毒霧が顔にしっかりとかかった画像も投稿した。このインスタに、ファンからは「あかつさんの相撲に真剣な感じが伝わってきたよ!」「あかつさんどんまいです!」との温かい声が寄せられていた。

把瑠都小川直也の後で、芸人のあかつだけがキレてしまうというのが面白いですよね。バラエティ番組のお約束的なキレ方ではなく、ガチで怒るというハプニングはなかなか見られませんから、ぜひその場面もオンエアしてほしかったです」(お笑いライター)――芸人としては結果オーライ?

 

中居正広「スマステはわけが違う」香取慎吾との生共演振り返る

中居正広香取慎吾/モデルプレス=5月7日】元SMAP中居正広が、5日放送のラジオ番組「中居正広 ON&ON AIR」(ニッポン放送/23:00~)にて、4月22日にゲスト出演したテレビ朝日系「SmaSTATION!!」(毎週土曜よる23時5分)での香取慎吾との共演を振り返った。

◆「安心されるMCになりたい」“ゲスト週間”に感じたこと

普段はMCを務めることが多いが、自身の冠番組の宣伝のため、4月はさまざまなバラエティ番組に“ゲスト”として出演した中居。

司会とゲストという立ち位置の違いについて「プレイヤーと監督という感じなのかな。違う、何だろうな。全然ポジションが違う」と話し、「勝手がわからない。ゲスト慣れしてないから」と新鮮な体験となった様子。

アメトーーク!』MCの雨上がり決死隊については「お二人がちゃんと繋いで拾ってくれるのですごい安心。お客さんも温かかった」と感謝を込めて称賛し、『帰れまサンデー』のMCタカアンドトシについては「タカトシがいるから安心してロケができた。と考えると、僕がMCをするときは『安心した、助かった』って思ってもらえるようなMCになりたいですね」と話した。

香取慎吾との共演振り返る「スマステはわけが違う」

それぞれのMCを褒め称えた上で、香取の司会者ぶりについては「スマステはわけが違いますね。俺を気持ちよく帰してやろうなんて1ミリも考えてない!俺は1ミリも感じなかった!ふざけてんなーあの子。ふざけてんだよ」と“ツンデレトーク。「どんな番組でもはじめは探るんですよ。僕が探っているのを、(香取は)あんな顔してますけど心の中では高笑いしてますよ。高笑いしてたんじゃないかな~」と愛情を込めて語っていた。


◆中居&香取、SMAP解散後初共演が話題に

2人は22日放送回の『スマステ』で、昨年12月末のSMAP解散以来、初共演を果たした。

番組では、中居がVTRに全く集中せずに香取に話しかけまくったり、試食の時間に「SMAP×SMAP」の人気コーナー「ビストロスマップ」でお馴染みだった、中居の「おいしー!」をきっかけに香取がショートコントを披露する恒例ネタを再現したりと終始自由。久々のコンビ芸でファンを楽しませ、大きな反響を呼んだ。

(modelpress編集部)

情報:ニッポン放送テレビ朝日

夫に12針のケガ!? 芸能界「暴力妻」が怖すぎる……

夫に12針のケガ!? 芸能界「暴力妻」が怖すぎる…… 拡大
 芸能界にはさまざまなタレント夫婦が存在する。その中には、他人事ながら心配になるほど激しいケンカを繰り広げる者たちもいる。そんな芸能人夫婦の壮絶なエピソードを紹介しよう。

 まずは女優の仲里依紗(27)と俳優の中尾明慶(28)。中尾はバラエティ番組でたびたび仲の恐妻話を披露。『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)では、仲がカレーを作ってくれたのに感想も言わず、食事の途中に携帯電話に出たところ、怒った仲に頭からカレーをかけられたことがあると告白し、MCの明石家さんま(61)を驚かせていた。また、『おかべろ』(関西テレビ)に出演した際は、仲について「ほんと強いっすよ!」と表現。ささいなことでケンカし、家出した中尾が3日ぶりに帰宅したところ、ドアの内側にチェーンをかけられ、入ることができなかったため、結局平謝りして許してもらったことを明かしている。

 また、元パリコレモデルでタレントの林マヤ(59)と、野菜文化研究家の笛風呂タオス氏の夫婦ゲンカも壮絶だ。二人が『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)で語ったエピソードによると、身長171センチの林は学生時代は「ナメクジの理枝」と呼ばれた有名なスケバン。タオス氏も若い頃はヤンチャだったため、二人のケンカは殴り合いに発展するという。

 夫から納豆の混ぜ方について文句を言われて激怒した林は、夫にドロップキックをかまし、結果、夫に12針縫うケガを負わせてしまった。しかし本人もそのキックの際に着地に失敗。肋骨を2本折るというシャレにならない結果になったと話し、スタジオ中を驚かせた。

 暴力妻といえば、おしどり夫婦の代表格である元「モーニング娘。」の藤本美貴(32)も恐ろしい。藤本はラジオ番組『ヤングタウン土曜日』(MBS)に出演した際、夫である品川庄司庄司智春(41)と離婚を考えたことが1回だけあると打ち明け、その理由を説明した。藤本によると、ケンカして言い合いをしていた際に庄司が「もう俺、いいわ」と死んだふりをしたため、その態度にブチ切れた藤本が、庄司に馬乗りになって胸ぐらをつかみ「死んだふりしてんじゃねえよ!」とスゴんだことがあるというのだ。その話を聞いたパーソナリティの明石家さんまは、声を出して驚いていた。

「芸能界で成功している女性というのは自己主張をはっきりし、メンタルの強い男勝りな人が多い。それに夫婦は、奥さんが強いほうがうまくいきますもんね。ケンカでお互い病院送りというのは物騒な気がしますが、聞いてるほうは面白いですよね」(放送作家

 芸能界には、まだまだ知られざる暴力妻が存在しているかも!?

 

圧倒的コスパでバカ売れ格安スマホがこれだ!価格1万円台でもスペック3万円レベル

 いまや日本のスマートフォン市場の2割を占めるとの調査もある、SIMフリースマホ。多くの端末メーカーが参入したことで、店頭にはさまざまなモデルが並んでいる。そのなかでも突出しているのが、中国のファーウェイだ。果たしてほかのメーカーは、対抗できるのだろうか。
●販売ランキングの常連に
 格安スマホとの触れ込みで売られているSIMフリースマホだが、ファーウェイは複数の価格帯に端末を投入する。特に売れているのが、2万円台半ばの「HUAWEI P9 lite」だ。
 2月のGfK Japanの調査では、SIMフリー端末として初めて販売ランキングのトップ10に入り、その後はランキングの常連になりつつある。これまでランキングを独占してきた大手キャリアの米アップル製iPhoneに続き、SIMフリーのファーウェイ端末がランクインしたことは快挙といえる。
 さらに2017年には、2万円前後の価格帯に「HUAWEI nova lite」を投入。これが今、爆発的に売れているのだ。LINEモバイルでは、在庫の追加が間に合わないほどの勢いだという。女優ののんさんを起用したテレビCMでも、nova liteをアピールしている。


 4月に八重洲地下街に専門店をオープンしたイオンモバイルも、今最も売れているスマホとしてnova liteを挙げる。とにかくコストパフォーマンスの高さが人気の秘密だという。
●価格は2万円でも中身は3万円クラス
 果たしてコストパフォーマンスの高さは本物なのか。いまやネットで検索すれば口コミサイトが上位に表示され、悪評はすぐに広まる時代だ。「安かろう悪かろう」では、そこまで売れ行きが伸びることはない。
 その点、nova liteは実際に使っているユーザーからの評価も高い。メモリーは3GBを搭載しており、操作感は滑らか。5.2型・フルHDの画面もくっきりした表示で見やすい。厚さは7.6mmと薄く、安っぽさを感じない仕上がりだ。Androidのバージョンも最新の7.0、バッテリー容量も3000mAhと隙がない。
 たしかにnova liteには、防水やおサイフケータイといった日本向けの機能はない。さらに細かく見ていけば、ストレージの容量がやや小さいとか、5GHzのWi-Fiに対応していないなど、細かくコストダウンしている点はある。
 しかし質感やスペックを見ていけば、他社の3万円クラスに匹敵するレベルに仕上がっている。その背景には、製品ラインアップの分厚さがある。つまり、PシリーズやMateシリーズなど上位機向けにつくり込んだ機能や加工技術を、普及価格帯にうまく落とし込んでいるというわけだ。
 さらに、本体価格としては2万円台前半だが、SIMカードとのセットなら1万円台で売る事業者も現れ、コストパフォーマンスの高さはますます際立っている。


 格安スマホ市場全体は拡大しているとはいえ、いよいよ他メーカーは追随が難しくなっている。日本で安定したブランド力を誇るソニーモバイルコミュニケーションズや、ファーウェイに匹敵する勢いの台湾ASUS、シニア層の安定した人気を誇る富士通は生き残っていきそうだが、ファーウェイのシェア拡大は当分の間、続きそうだ。
(文=山口健太/ITジャーナリスト)

北川景子 DAIGOとの「夫婦危機」を疑わせる「徹底ガード」

 昨年1月に結婚して祝福を浴びた北川景子(30)とDAIGO(39)の美男美女夫婦に、まさかの不仲説が浮上している。希代の好感度カップルにいったい何が起こっているのか──。
 2人はバラエティ番組での共演がキッカケで交際に発展し、めでたくゴールインを果たした。
 DAIGOといえば、歌手活動のかたわらバラエティ番組で見せる「ウィッシュ!」ポーズや“DAI語”などで親しまれ、竹下登元首相の孫という毛並みも相まって人気を博している。
 一方の北川も、モデルから女優に転身すると、その美貌で数多くの映画やドラマ、CMに出演し、今やトップ女優の一人である。
「クールそうな外見とは裏腹に人懐っこい性格でコミカルなふるまいをするDAIGOは、子供からお年寄りまで幅広い世代から支持されています。北川さんも若い女性を中心にカリスマ的な人気を集めており、近年まれに見る好感度の高いカップルです」(スポーツ紙芸能デスク)
 こうした背景もあって、2人の結婚には世間も祝福ムードだった。DAIGOが昨年4月の結婚披露宴で披露した曲「KSK」が反響を呼んで、CD化されたほどだ。
 だが、そんな2人の間に微妙なすき間風が吹き始めているとささやかれだしている。
 民放局のディレクターはこう明かす。
「実は最近、それぞれがテレビ番組に出演する際に、結婚生活に関するNGワードが激増しているんですよ。まるで結婚生活に問題があるのかと邪推してしまいます」
 確かに、まだ新婚と言える2人がテレビ番組に出演するとなれば、結婚生活の話題に触れるのは自然の流れだが‥‥。


「そもそも、北川の所属事務所は女優としてのイメージを気にして、当初から結婚生活をネタにするのを嫌がっていました。ただし“結婚バブル”で、夫のDAIGOに“紅白出場”の目が浮上していたため、ある程度は黙認していたんです。とはいえ、ここにきてその可能性も薄れ、引き締めに入っているのではないでしょうか。特に『子供』や『出産』といったフレーズが敬遠され、収録の事前にNGであることを徹底されます」(前出・民放局ディレクター)
 実際には不仲などではないようなのだが、出産話に過敏なのには、それなりの理由があるのだろう。
「DAIGOにはかねてから一部で政界転身の噂があります。連動して周囲が期待するのは、竹下登元首相のひ孫の誕生です。ことさらに大きく取り上げられ、北川にはプレッシャーとなりますからね。しかも、北川本人は今後も女優業を続ける意向で、すでに今年、来年も映画やドラマの仕事が入っています。契約上も積極的には避けたい話題なんです」(前出・スポーツ紙芸能デスク)
 そうした妻を気遣ってか、DAIGOは北川のドラマの収録後にロケ現場まで車で迎えに行くなど、よき夫ぶりを見せているという。そうした生活にいつまで耐えられるか──。
 ベールに包まれた夫婦生活が何とも気になるところである。

バナナ設楽ほか、人気の陰に「不遇時代を支えた妻」たち

 3月22日に放送されたバラエティ番組『バイキング』(フジテレビ系)で、お笑いコンビ・トレンディエンジェルの斎藤司(38)が長年交際していた女性と破局していたことを報告。交際していた女性は、斎藤がブレイクする以前から陰で支えていたことで知られていた。そのためこの発言後、斎藤は「長年支えてくれた彼女に失礼」と、一部からバッシングを浴びることに。

 一方で、売れない時代をともに過ごした女性と結婚し、家族となった芸人たちもいる。お笑いコンビ・バナナマンの設楽統(43)は、19歳からつきあっていた女性と交際7年目に結婚。彼女は、設楽が風呂なしアパートに住んでいた頃から献身的に支えていたという。設楽は、バイトをしなくてもギリギリ芸能活動だけで食べられるようになったとき、「そろそろ風呂のある家に引っ越したいから一緒に住まない?」とプロポーズ。2002年には娘も誕生し、幸せな家庭を築いている。今や情報番組『ノンストップ!』(フジテレビ系)のMCなど、大きな仕事を任されている設楽だが、その陰には奥さんの“内助の功”があった。

 ピン芸人のあばれる君(30)も、ブレイク前から交際していた女性と2013年に結婚。二人は高校時代からのつきあいで、あばれる君は卒業後に東京の大学へと進学。彼女は地元に残り、遠距離恋愛となった。その後、彼女も上京すると、看護師として働きながらあばれる君を収入面で支えるように。バラエティ番組『ジャネーノ!?』(フジテレビ系)に出演した妻の由夏さんは、結婚した当時、あばれる君の月収が9万円だったことを告白。しかし「私が働けばどうにかなる」と前向きに思ったことを明かしている。そして、なぜ結婚に踏み切れたのかを尋ねられた由夏さんは「私は彼のことしか好きになれない」ときっぱりと答えていた。

 “ギター侍”として一世を風靡した波田陽区(41)は、12年の交際を経て2007年に結婚。相手の女性とは大学の文化祭で出会い、一目惚れした波田が全力でアプローチして交際をスタートさせた。その後、波田の上京によって遠距離恋愛となったが、収入がほとんどない波田を電話で励ましたり、会いに来て食事を作ってくれたりしたという。当時、月の生活費が数千円しかなかった波田。デートといえばもっぱら公園や池だったが、彼女は文句一つ言わなかったそうだ。そんな過酷な時期をともに過ごしてきた彼女に対し、波田は仕事がようやく軌道に乗ってきた頃にプロポーズ。そのとき彼女は、涙を流して喜んだという。

 ピン芸人とにかく明るい安村(35)も、下積み時代を現在の妻に支えられた人物だ。2012年に結婚したが、当時の安村の月収はわずか10万円。子どもも生まれ、妻の貯金を切り崩して生活していた。厳しい経済状況が続いたため、安村は芸人を辞めると決意したこともあったというが、妻は「芸人は続けたほうがいい」と安村を叱咤激励。バラエティ番組『解決!ナイナイアンサー』(日本テレビ系)で、安村は当時を振り返り、「(彼女が)なぜついてきてくれたのか分からない」と、疑問に思っていることを告白。それに対し、奥さんは「お金があってもなくても、笑顔のあなただから一緒に歩んでこられました」「安心してください、ずっと一緒にいますよ」と手紙で返答。これにはスタジオも大きな感動に包まれていた。しかし昨年3月、『週刊文春』(文藝春秋)に、不倫をスクープされてしまった安村。奥さんに何時間も謝り続け「クソが」と罵倒されながらも許してもらったそうだ。それでも安村を見放さない奥さんの「度量の大きさ」には感服せざるをえない。

 将来への不安がつきまとう「お笑い芸人」という仕事。それでも売れない時期から献身的に支えてくれる彼女たちは、とことん相手の人柄に惚れ込んでいるのだろう。つらい時期を一緒に乗り越えてくれた奥さんだからこそ、芸人として売れた後も大切にしてほしいと切に願う。