読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

598円でピザ食べ放題! サイゼリヤを超える高コスパイタリアン『オリーブの丘』がマリオもキノコを捨てるレベル!!


日本のイタリアンレストランの代名詞・サイゼリヤ。安いだけでなく、意外と本格的なその味は馬鹿にできないものがある。高コスパなイタリアンファミレスと言えばサイゼリヤ一択……だった。そう、過去形である。なぜなら、今の私は『オリーブの丘』を知ってしまったから。
まだHPも存在せず、都内に数店舗のみのチェーン店だが、メニューの価格と味のバランスはサイゼリヤに勝るとも劣らない。だが、この店の本当の魅力はピザの食べ放題である。その価格は最安で598円! 永遠に運ばれてくるピザの嵐は、マリオもキノコを捨てるレベル!!
・ただの神
平日ランチタイムとディナータイム限定で、生パスタ、グリル、ドリアにプラス300円すると注文できるこのサービス。298円の「ボロネーゼドリア」と組み合わせると、なんとたったの598円(税抜)でピザが食べ放題に。さらに、当たり前の顔でスープバーもついてくる。なんだ……ただの神か。
・とんでもないスピードで出てくるピザ
というわけで、都内の店舗の中でも一番近かった『オリーブの丘 小豆沢店』を訪れ、最安セットを注文してみた。すると、さっそくチーズ主体のピザと玉ねぎと鳥肉のトマト系ピザの2種類を運んでくる店員さん。まるで、注文することをあらかじめ知っていたような速度である。
食べてみたところ、香ばしいクリスピー生地とチーズのナイスハーモニー。贅沢なピザではないが、必要なものはそろっている味だ。一気に食べ終わると、速攻でまた新しい2種類のピザを店員さんが運んでくる。完全に「わんこピザ」状態だ。
・わんこピザシステム
このピザ攻勢をストップしたい場合は、注文した際にもらえるカードで休憩を示す必要がある。逆に言えば、カードを「まだまだいただきます」にしていると休む間もなくわんこピザが続くシステムだ。
・ドリアがガチ
そして、3個目のピザを食べ終わったところでドリアが到着。これがまた298円と思えないボリューム感である。スプーンですくってみると、ターメリックライスの上で糸を引くピザ。トロットロやないか! 食べてみたところ……
マンマミーヤァァァアアア! なめらかなホワイトソースが舌を包むようである。その味はまろやかで、とても298円とは思えない。わんこピザ抜きでも余裕でコスパ高ェーーーーーー!
・名物
私がドリヤのコスパに感動してる間にも、取り憑かれたようにピザを運んでくる店員さん。一体、何が彼女たちをそこまで駆り立てるというのか。もはやピザで攻撃されているようだ。
っていうか、ピザって何だっけ? ピザっておいしいの? ピザってどう書くんだっけ? これぞ『オリーブの丘』名物「ピザのゲシュタルト崩壊」である。
・通常メニューも高コスパ
結局、ピザを10切れほど食べたところでカードを返した。特筆すべきは、10切れのうちほとんどは種類が違ったこと。その幅は、王道のマルゲリータやチーズから和風の明太子やお好み焼き風まで、実にバラエティーに富んでおり飽きなかった。
なお、ペペロンチーノが340円(税抜)やデミグラスハンバーグが390円(税抜)など、他のメニューも負けず劣らず高コスパで食いしん坊も満足必至のこの店。イタリアン好きは迷わずBダッシュだ! ヒーハァー!!!!!
・今回紹介した店舗の情報
店名 オリーブの丘 小豆沢店
住所 東京都板橋区小豆沢3−10−9
営業時間 6:00~翌2:00 / ランチタイム 平日11:00~15:00 / ディナータイム 平日18:00~22:00
定休日 無休