読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

坂上忍、生番組を途中退席…安藤キャスターはリレートーク不在に「職場放棄ですか?」

 俳優・坂上忍(49)が25日、MCを務めるフジテレビ系「バイキング」(月~金曜・前11時55分)の生番組中にスタジオを退席した。
 卓球のアジア選手権女子シングルスを日本勢で21年ぶりに制した平野美宇(17)=エリートアカデミー=が、ゲスト出演し喜びやプライベートを語った。
 さらに、元卓球部だったという坂上と5点マッチの卓球対決。平野にハンデはあったが4―4の接戦から、最後は平野がスマッシュを決め勝利した。
 対戦前のフリートークでカメラが欲しいと話していた平野に、卓球に勝ったら「買ってあげる。もし、1点でも取ったらラケットにサインして」と話していた坂上。
 勝負が決まると「カメラ買いに行くから」と言い残し職場を“放棄”しスタジオを後にした。
 メーンMCが不在となったスタジオは、同局・榎並大二郎アナが進行。平野は「4―4になったとき、アジア選手権の決勝より緊張しました」と喜んだ。
 また、後番組の情報番組「直撃LIVE グッディ!」(月~金曜・後1時45分)とのリレートークは、火曜MCでフリーアナウンサー高橋真麻(35)が代役としてMC不在を説明した。
 安藤優子キャスター(58)は「それって、職場放棄っていう感じなんですかね?」と質問。高橋アナは、「約束を守るステキな男性ということです」とフォローしていた。