読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中居正広「もう歌う環境じゃねぇんだよ」- 衝撃発言に指原動揺


SMAP中居正広が、1日に放送されたTBS系音楽トークバラエティ番組『Momm!!』(毎週月曜23:56~)で、「もう歌う環境じゃねぇんだよ」と発言し、スタジオをざわつかせた。

初めて買ったCDの話題になり、Kis‐My‐Ft2の派生ユニット・舞祭組の二階堂高嗣は、KinKi Kids堂本剛のソロプロジェクト、ENDLICHERI☆ENDLICHERIの「ソメイヨシノ」だったと告白。中居が「堂本剛ってすごい歌うまいよね」と言うと、二階堂は「めちゃくちゃうまいです。楽器も全部できるんですよ」と絶賛し、「中居さんとは真逆の才能です」と話した。

<a href="http://moppy.jp/top.php?YCyae142"><img src="http://img.moppy.jp/pub/global/sp/friend/banner/green/640x480.jpg" width="100%" alt="お金がたまるポイントサイトモッピー"></a>

 

すると中居は、「なんだお前、何ぶっ込んでんだ」とツッコみ、「もう歌う環境じゃねぇんだよ」と衝撃発言。スタジオはざわつき、中居の隣に座っていたHKT48指原莉乃は思わず「ごめんなさい」と謝り、二階堂は「そんなことないですよ。もしかしたらあるかもしれないですから」とフォローしていた。

ココリコ田中の離婚1か月前 妻が残した「意味深ツイート」

小日向さんの残した意味深ツイートとは(画像は本人のインスタグラムより)
お笑いコンビ「ココリコ」の田中直樹さん(46)が2017年5月2日、タレントの小日向しえさん(37)と離婚したことを、所属事務所を通じて発表した。すでに離婚届は提出済み。2児の親権はどちらも田中さんが持つ。
夫婦そろってメディアに出演する機会も多かった2人だけに、今回の離婚発表を受け、ツイッターネット掲示板には「おしどり夫婦だと思ってたけど...」といった驚きの声が広がった。
13年には「ベストファーザー賞in関西」
田中さんは報道各社に送付したファクスでコメントを発表。「私ごとで大変恐縮ですが、私田中直樹は、この度、小日向しえさんと離婚することになりました」との書き出しで、
「話し合いを重ね、このような結論に至りました。これからは、夫婦という形ではなくなりますが、子どもたちの父親、母親としてしっかり責任を果たしていきたいと思います。お世話になっております皆様、関係者の皆様には、ご迷惑とご心配をお掛けして大変申し訳ございません」
とした。
2人はバラエティー番組「ココリコミラクルタイプ」(フジテレビ系、2007年に放送終了)の共演をきっかけに交際を始め、2003年に結婚。翌04年に長男、08年には次男が誕生した。田中さんは13年に「ベストファーザー賞in関西」を受賞している。
夫婦そろってのメディア出演も多かった。田中さんがレギュラー出演している「ガキの使いやあらへんで!」(日本テレビ系)の年末の名物企画「絶対に笑ってはいけない」シリーズでは、2人の夫婦生活に密着したVTRが放送されたこともあった。
そんな2人の離婚発表を受け、ツイッターネット掲示板には、
「おしどり夫婦だと思ってたけど...夫婦仲は傍目からは分からんもんですねぇ」
「ココリコ田中離婚したの?ショック  仲良さそうだったのに」
「ココリコ田中離婚マジ? めっちゃおしどり夫婦だったやん」
といった声が出ている。
「お金持ちで新しい武器も買えて...」
一方で、離婚発表のちょうど1か月前にあたる17年4月2日、小日向さんはツイッターに意味深な文章を残している。それは、
「お金持ちで新しい武器も買えて 人も集められて どんな攻撃も避けられる高い高い防壁の中で護られてる人が 盾もなく独りで 自分で自分の身を守るしかない素っ裸の人間を攻撃して楽しいのかな?」
というものだ。
また、ニュースサイト「spotlight」は16年12月20日、2人の夫婦生活を取り上げた、
「ココリコ・田中直樹小日向しえの生活がぐぅの音も出ないほど愛で溢れている」
という記事を配信している。この記事では、「仲睦まじい」2人の生活を表すものとして、小日向さんのツイッターにアップされた写真を何枚も紹介していた。


だが、17年5月2日現在、記事で取り上げられた小日向さんのツイートのほとんどが削除されており、記事にもその削除が反映された状態で表示されるため、まるで「虫食い」状態となっている。

北朝鮮の特殊部隊 日本にとっては弾道ミサイルよりも脅威

北朝鮮特殊部隊が日本でテロを起こす可能性も(写真:アフロ)
 北朝鮮を巡る緊張が日増しに高まっている。もしアメリカとの武力衝突が起これば、その影響が日本に及ぶ可能性も十分にある。日本にとっては、もちろん核実験や長距離弾道ミサイルの“暴発”は最大の脅威となるが、4月15日に平壌で行われた軍事パレードで勇ましく行進した「特殊部隊」の存在も不気味だ。
 特別な訓練を受けた北朝鮮の特殊部隊とは、一体どのくらいの強さを持ち、日本が攻め込まれたらどうなるのか──。朝鮮半島問題研究家で近著に『北朝鮮恐るべき特殊機関』がある宮田敦司氏が緊急報告する。
 * * *
 北朝鮮の脅威といわれて、まず頭に浮かぶのは弾道ミサイルだろう。実際に北朝鮮は、日本を攻撃するために200基以上の「ノドン」を持っている。
 しかし「ノドン」の破壊力が非常に限定されている。通常弾頭(高性能爆薬)の弾道ミサイル1発で破壊可能な面積は、最大700平方メートル(バスケットコート1面を有する体育館程度に相当)といわれている。おそらく「ノドン」の破壊力もこの程度だろう。
 だが、「ノドン」の本当の脅威は、いつどこに落下するかわからないということである。
 例えば、1991年の湾岸戦争では、イラクイスラエルへ通常弾頭の弾道ミサイルによる攻撃を行っている。イスラエルは42日間で18回のミサイル攻撃を受けたが、このうち10回の攻撃では負傷者は出なかった。最終的に直撃による死者は2人、負傷者は226人であった。問題は530人もの人々がヒステリーや精神障害の治療を受けていることだ。
 もちろん物的な被害も決して小さいものではなかった。ミサイルの破片(迎撃ミサイルの破片も含む)などによって6142棟の民家が被害を受けている。一部で火災は起きたがイスラエルの市街地は火の海になることはなかった。同様に、核弾頭を搭載しないかぎり「ノドン」で東京が火の海になることはない。ただ、イスラエルの例に見られるように、たとえ大都市に落下しなくても、一般国民に対する心理的な圧力の大きさは計り知れない。
「ノドン」の破壊力が限定されているとはいえ、日本へのミサイル攻撃、すなわち在日米軍基地への攻撃はアメリカ軍からの報復攻撃を招くことになる。
 そこで投入されるのが、「朝鮮人民軍偵察総局」(以下、偵察総局と表記)である。偵察総局は、国外へ工作員を派遣し、要人暗殺、破壊工作、情報収集、世論工作などの各種工作活動を行なうことを任務としている。
 偵察総局は、2009年に労働党と人民軍に所属する特殊機関を大幅に改編した際に創設された。初代局長には軍強硬派として知られていた金英哲(キム・ヨンチョル)が就任した。偵察総局に対する金正恩の信頼は厚く、2015年6月には偵察総局関係者を集めて「偵察活動家大会」を開催して激励している。
 偵察総局所属の特殊部隊員(以下、偵察兵と表記)は、あらゆる面で最高水準の能力が要求される。偵察兵の能力について、2000年に脱北した元北朝鮮軍大尉(34・当時)は、「偵察兵の訓練は、氷の張った冬の海で遠泳を行うなど、尋常ではない」と証言している。また、アメリカ軍の情報でも、「40キロの装備を背負い、24時間以内に山地50キロを踏破できる」とされている。
 どこの国の軍隊でも特殊部隊の訓練は過酷である。しかし、北朝鮮軍の異常性は安全性が二の次になっていることである。このため、落下傘降下訓練や冬の海での遠泳など、訓練中に死亡する事故が発生している。
 このような訓練を積んだ集団が日本国内へ侵入したらどうなるだろうか?
 北朝鮮軍は、北朝鮮と日本を十分往復可能な大型輸送機(イリューシン76)を用いて落下傘降下訓練を行っており、日本へ特殊部隊を投入することも可能な状態にある(なお、この輸送機は最近になって新たに迷彩塗装が施されている)。
 陸上自衛隊最強の特殊作戦群なら彼らに対応できるかもしれない。しかし、現実には法律の壁が立ちはだかることになる。防衛出動が下令されないかぎり、自衛隊の武器使用は警察官職務執行法が準用される。つまり、偵察兵の侵入が「外部からの武力攻撃」とみなされない限り、自衛隊北朝鮮軍最強の兵士と「警察官」として対峙しなければならないのだ。
 このような、北朝鮮国外における暗殺や破壊工作などのテロを主任務とする特殊部隊の存在は、日本にとっては弾道ミサイルよりも現実的な脅威といえるのではないだろうか?
 近い将来、特殊部隊が大型輸送機で日本へ侵入するような事態が発生する可能性は低いだろう。だが、米朝関係次第では(例えば、米国に対する「本気度」を示すため)、地方における小規模なテロを起こす可能性はある(偵察兵は、国外では通常3人一組で行動するよう訓練されている)。
 テロの目的にもよるのだが、そもそもテロは大都市で起きるとは限らない。日本国民を不安に陥れることを目的とするなら、例えば、地方のローカル線を走るワンマン列車を爆破すれば済む。単なる脱線事故ではなく爆破事件となればマスコミが注目し、毎日のように様々な憶測が飛び交うだろう。
 今回の「アメリカ先制攻撃説」以上の流言飛語がネット上で飛び交うことになる。さらに、爆発物が北朝鮮製のものと判明すれば、混乱はさらに大きくなるだろう。
 特殊部隊出身の脱北者によると、人民軍偵察局(現・偵察総局第2局)では、1995年に発生したオウム真理教による「地下鉄サリン事件」を参考に討論を行ったことがあり、化学兵器そのものの効果よりも社会的混乱が大きかったことが議論の中心になったという。
 日本が大規模攻撃や特殊部隊による攻撃などを受けた場合、陸上自衛隊は全国にある135か所の「重要防護施設」へ部隊を配備することになっている。これには、原子力発電所、石油コンビナートなど、破壊されると被害が拡大する可能性が高い施設のほか、国民への情報伝達ルートや通信手段を確保するため、放送、通信施設も盛り込まれている。
 しかし、北朝鮮はこれらの施設への攻撃は行わないだろう。実際に、原子力発電所は警備が厳重であるため、破壊工作の対象から除外されたという証言もある。
 米国からの報復攻撃を招きかねないような大規模な破壊工作は、能力を持っていても実行はしないだろう。小規模のテロを同時多発的に実行することにより、日本国内で社会不安が起きれば目的が達せられるからだ。
 特殊部隊とて潤沢な予算が配分されているわけではない。実際に核開発とミサイル開発に多くの軍事費が使われている。しかし、テロなら弾道ミサイル数発分の予算で遂行可能だろう。
 つまり、北朝鮮軍が狙うのは、日本人の心理なのだ。
●みやた・あつし/1969年愛知県生まれ。朝鮮半島問題研究家。1987年航空自衛隊入隊。陸上自衛隊調査学校修了。北朝鮮を担当。2005年航空自衛隊退職。2008年日本大学大学院総合社会情報研究科博士後期課程修了。近刊に『北朝鮮恐るべき特殊機関』(潮書房光人社)がある。

指原莉乃、"恋チュン"初めて聞いたときの感想は「なんだこの曲!最悪!」

 1日放送の『Momm!!』(TBS)に指原莉乃が出演。"人生の名曲"として、「恋するフォーチュンクッキー」をあげ、大ヒットとなるまでの逸話を語った。

 「恋するフォーチュンクッキー」は2013年、指原が「AKB48 32ndシングル選抜総選挙」で1位を獲得してセンターをつとめた曲。「恋チュン」としてブームとなり、ダンス動画を投稿するのが大流行となったのも記憶に新しい。

 ところが指原はこの曲のデモを初めて聞いた時「なんだこの曲!最悪!」と「大っ嫌い」だったと激白。そもそもこの際の総選挙では、渡辺麻友大島優子が1位という予想。そのため秋元康は2人のための曲は準備していたものの、結果はまさかの指原一位。秋元は急遽指原のために曲を用意することになったのだという。心配な気持ちを隠せない指原に、秋元はわざわざ「コレは絶対に流行ります。安心してください、これは私たちにとって最も大事な曲になります」とメール。指原は「これはめちゃめちゃいい曲が来る!」と期待たっぷりでデモに耳を傾けたと当時を語った。

 しかし指原は"恋チュン"を聞いた途端「あいつ何いってんの?なんでこんな曲!」と思ったと衝撃告白。これまでのAKB48には無い曲調が全くいいと思えず、秋元に疑問を持ったのだという。ところがその後「ミュージックステーション」で初披露した際、タモリに「すごいいいね!」と褒められ、曲への思いが一変した指原。タモリの一言のお陰で「大嫌い」から「大好き」な曲へと180度評価が変わったのだと明かした。

 MCの中居正広は指原の話を自身のSMAP時代と重ね合わせた様子で、最終的にヒット曲になるかどうかは「最初なんてわかるわけがない」としみじみ。指原は逆にだからこそ「絶対に流行ります」とはじめから予言していた秋元のすごさを、身にしみて感じることができたと明かした。

指原莉乃はこうすればオトせる!?視聴者がおもわずメモった口説き文句とは?

 やはり他のアイドルたちと次元が違う!?
 4月25日に放送されたバラエティ番組「指原莉乃ブラマヨの恋するサイテー男総選挙」(AbemaTV)で、HKT48指原莉乃が常軌を逸した口説きに対して本気で照れてしまう場面があった。
 この日は、芸人とイケメンとの口説き対決があったのだが、そのVTR後に番組MCを務める指原を口説く場合にはどうするか? という話題になった。
 そんななか、イケメン男性が指原に仕掛けた口説き文句が「こんばんは、早くヤリましょうよ」というえげつないもの。ところが、視聴者は指原が即座に拒否するかと思いきや、「ええ~どうかな~」と口を手で覆い、顔を真っ赤にして本気でトキめく仕草。これにはブラックマヨネーズ小杉竜一からツッコまれる展開となった。
「通常のアイドルであれば完全アウトも、下ネタをオープンにしている指原だからこそ許されるやりとりだと思いますね。指原のまんざらでもなさそうな反応に、ほかの共演者からも『これイケるパターンや』とネタにされていましたから、指原ファンはヒヤヒヤしたかもしれません」(エンタメ誌ライター)
 指摘のとおり、ファンは楽しみながらもやはり困惑を隠せなかったようで、「さっしーがガチで照れてる」「単刀直入なほうがさっしータイプには効果があるんだな」「なかなか勉強になりました」と、まるでメモでも取っているかのような声など、人によってさまざまな温度の意見があがっていた。
 ちなみに指原は、自分のことを知ったうえで話しかけてくる相手には警戒心を持つとのこと。それだけに指原を口説く度胸がある猛者がいれば、「指原を知らない」という前提で話しかけるのが最重要ポイントとなりそうだ。

“月9爆死”西内まりやに「脱ぎ女優」のススメが!

 1月期の月9ドラマ「突然ですが、明日結婚します」が月9史上ワーストの数字を記録したことで、爆死女優のレッテルを貼られた西内まりや。この3月にはラジオのレギュラー番組が終了するなど、活躍の場も狭まっている。その西内がいま、方向転換を迫られているというのだ。芸能関係者が声を潜める。
「これまでは所属事務所の猛プッシュもあり、順調にキャリアを重ねてきた西内ですが、『明日婚』の爆死で完全に足止めを食らった形です。いまやテレビ局でも彼女の起用には二の足を踏まざるを得ません。そこで噂されているのが“脱ぐ”方向だというのです」
 今後のドラマ出演では俳優とのベッドシーンなど、それなりの露出が期待されるというのだ。しかも視聴率とは別の問題として、いまの西内には“脱ぐ”べき理由があるという。
「歌手としても活動する西内ですが、事務所的には女優一本で活動してもらいたいのが本音といいます。しかし本人にまだ踏ん切りがついていないので、脱ぐことによって女優として一皮むけさせ、女優業に専念する覚悟を持ってもらいたいようなのです」(前出・芸能関係者)
 女性ファンからは理想の体型と憧れられる西内。主演ドラマ「明日婚」の第7話では入浴シーンを披露したほか、モデルとしては大胆な肌見せも珍しくなかった。そんな彼女がその美しい裸身を公開する日がくる可能性も小さくないようだ。

芸能人たちが密かに励む「サイドビジネス」実態調査

 あの大物芸能人や人気アーティストの“もうひとつの収入源”。ギャラより稼いでいるタレントなんかもいた!

 世間では「なるべく残業しないように」というお達しも出るようになった昨今。もちろん長時間労働などしたくはないが「残業代でもつけないと、給料が安くてやってられないよ!」という人もいるのが実情だろう。

http://moppy.jp/top.php?YCyae142

 そんなとき、テレビをつければ、そこには華やかな世界が。「芸能人なんて、ザクザクギャラをもらってるんだろうな……」と羨ましく思う方も多いはずだ。

「とはいえ、今はテレビ局も厳しいですし、よほどのトップタレントでない限り、ギャラは年々、下降傾向。中堅どころのお笑い芸人や、ひな壇タレントぐらいでは、番組1本あたりのギャラは5万円ほどの場合も。事務所の取り分もあるので、週に1回バラエティに出る程度ではサラリーマンと同様か、少ないくらいしか稼げないこともザラです」

 こう語るのは、元大手芸能事務所のマネージャーで、現在は芸能ウォッチャーの牧田慎太郎氏だ。「それだけに、たくさんの芸能人が、副業やサイドビジネスをしているんです。単なる名前貸しの人から、ガッツリ経営や企画に関わっている人まで多種多様ですが、中には本業より、はるかに儲かっている人もいますよ」(前同)

 芸能人のサイドビジネスといえば、1980年代~90年代に花盛りだったタレントショップを思い浮かべる人も多いかもしれない。「代表的なのはビートたけしが作ったカレーショップですね。清里軽井沢河口湖、そしてハワイと、バブルの象徴のような観光地にばかり出店し、話題になりましたが、2001年には最後の軽井沢店が閉店。他にも、とんねるずの“ねるとん”のグッズショップ、ダウンタウンのキャラショップなど、タレントの知名度頼みで、ビジネスとしては長続きしないものがほとんどでした」(同)

 そんな中で、同時期にそうした副業に手を出しながら、自らの趣味を継続的なビジネスに繋げているのが所ジョージ。かつては他と同じように自らをキャラ化した“所さんグッズ”で人気を博したが、徐々にアメカジの趣味や知識を生かしたオリジナル商品や、ライフスタイルを売りにするようになった。

「自宅を“世田谷ベース”と名づけ、50~70年代のアメリカを意識してデザインした洋服や雑貨を販売。同世代を中心にマニアの多いジャンルですから、新製品が出ると、すぐに売り切れるほどの大人気です。世田谷ベースでアメリカンなこだわり満載のピクニックイベントを行ったりもして、すっかり同好の士のカリスマですよ」(同)

 企画会社や事務所が知名度頼みで主導するのではなく、セルフプロデュースによる副業の成功例だ。現在はネットでの展開が容易になったこともあり、今はこの方向性のサイドビジネスが主流になりつつある。「芸人の渡辺直美は、あの体型ながらファッションセンスがかなり高いと評判で、自身がデザインする“PUNYUS”というブランドがかなり当たっています。もう少し前だと若槻千夏や、元AKB48の篠田麻里子らも洋服のブランドを発表していますが、ほとんど“お飾りプロデューサー”。それに比べると、渡辺のこだわりは半端じゃないということで、すでにタレントとしての人気を離れたところで、お客がついていますね」(同)

 やはり、「自分色」をガンガン出していくのが正解なようで、中には、こんな珍会社を立ち上げるものも。「ユニークなところでは、T.M.Revolutionの西川貴教が昨年設立した『株式會社突風』が話題を呼びました」(同)

 突風に吹かれるプロモーションビデオが有名な彼らしいネーミングだが、事業報告を見ると、デビュー20周年記念事業の一環として曲で使用した衣装のコスプレグッズを販売するなど“ネタ? それとも本気?”と思うような内容。

「現状、スベってもいいようにネタっぽくしてある部分もあるようですが、西川の本心としては、地元・滋賀県のためと銘打ち、行政から地方創生予算を引っ張って地域活性化ビジネスをやりたいというところ。どこかの広告代理店が噛んでいるのかもしれませんが、時代に即した考えではありますね」(同)

 そう、副業には、常に時代の先を読む先見性が求められるのだ。「その代表例が、キャイ~ンの天野ひろゆきでしょう。彼は株式投資の本を書くほどの“投資芸人”で、あまり細かく売り買いを重ねず、一つの銘柄を多めに買って長期保有するのが極意。今やギャラをはるかに超え、億単位で儲かっているとも聞きますよ」(経済誌記者)

 天野ほど成功していないにせよ、投資をする芸能人は多いが、中でも奇怪な噂が絶えないのが叶姉妹だ。「私服の値段は億単位、国内外のセレブと交流……といったド派手な生活ぶりに“何をして稼いでるの?”という疑問を持つ人も多く、ライフスタイルアドバイザーと名乗っているようですが……」(牧田氏)

 そんな叶姉妹の収入源として、まことしやかに囁かれているのが、なんと“携帯電話開発への投資”。

「携帯電話の普及が始まった90年代、新規端末や店舗の開発に、各携帯会社はとにかくお金が必要だった。そこで、財界人はもちろん、芸能人や業界人などにも広く投資を呼びかけたといわれています。そこで協力した人には、リターンとして半永久的に月に数千万円が入る仕組みになっているとか。故・大橋巨泉氏やとんねるず石橋貴明など、90年代に活躍した多くの芸能人が、これで巨利を得ているそうです。その頃はレースクイーンに毛が生えた程度だったはずの叶姉妹が、どうして、その原資を得たのかは謎ですが」(実話誌ライター)

 これが事実なら、まさに先を読む目が現在のセレブ生活を呼んだわけだが……。「しかし、冷静に考えると、市場が急拡大していた90年代ならいざ知らず、頭打ちになった今でも、そんな巨額を定期的に払っているとは到底考えにくいですね。少なくとも、現在については都市伝説だと思ったほうがいいのでは」(牧田氏)

 となると、収入源の真相はやはり……藪の中なのか。「一説には、都内で複数の駐車場を経営しているとも聞きますよ。実はタモリ壇蜜なども駐車場経営をしており、壇蜜は、それだけで年収800万円に上るとも言います」(前同)

 不動産投資については、やはり古典的な財テクとして馴染みがあるのか、手を出す芸能人は多いようだ。ウッチャンナンチャン内村光良木村拓哉などもマンション経営をしているそうだが、目立つのは、いわゆる「一発屋芸人」の姿。

「スギちゃんやコウメ太夫など、予期せぬ当たりで収入が激増した芸人たちが、冷静に“この勢いは続かない”と考え、賃貸物件を購入することが多いようです。おかげで彼らは、仕事が激減した今も月に30~40万円は安定収入があるとか。賢いなと思う反面、芸人なら、もっとドカーンとカネを使っても……とは思いますが、まあ、ご時世ですよね」(スポーツ紙記者)

 売れっ子芸能人たちの副業も時代の趨勢か、どうも豪快さに欠けてきた印象。やや寂しい限りだが……。「やはり、芸能界の副業といえば、島田紳助さんを超えるものはいませんね。寿司屋、割烹、お好み焼き屋などの飲食店に商業ビルの経営など手広く、現在でも年収は10億円単位とか。芸能人はやはり夢を見せる仕事ですから、彼を超える“副業王”の登場も期待したいものです」(牧田氏)

 世知辛い話ばかりの世の中、「さすがは芸能人!」というような、ドカンと景気のいい話もよろしくお願いしますよ、皆さん!